読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

母の癌を治す

今癌で不安な人達やご家族に、何か伝えられる事があるかもしれないと思い、書きはじめました。

利尿剤の副作用

利尿剤を飲んでから腹水は治まったが、段々と食欲がなくなり、倦怠感、脱力感があり、熱が上がったり下がったりし、気持ち悪さや痛みはないものの、衰弱している様に見えた。体重も勿論落ちてしまったし、食べないと力もでないし、気力まで落ちている様だ。痛み等がないなら食べる努力位してほしいが、C先生が食べたくなかったら食べなくてもよい、と言っていたので、食べたくない、と言ってお味噌汁を少し飲むだけの日もあった。これはいかん!と思い、私は蕎麦をうったり、卵、肉、砂糖、小麦粉を使っていないベジタリアンの為のお店に連れていったりした。母は食欲はないが、食べると美味しいみたいだ。因みに蕎麦は十割蕎麦で、材料は蕎麦粉と木綿豆腐のみ。切れやすく細くするのは難しいが蕎麦の味が濃くて中々美味しい。ベジタリアンのお店は変わった物がたくさんあって、目にも楽しく、珍しい物がたくさんあるので母も色々食べていた。ただ、菜種油を使っている料理もあって、先生にも油はとめられているので本当は食べてほしくないのだが、母が食べたい!といっているので、じゃあ・・一口だけね・・!!と、言ってしまった。食事が出来なくなるのが一番怖いので、食べないよりは良い、という判断だ。その店にはチョコもどきもあって、そこまで甘くはないがサトウキビの原料糖を使っているので、やはりあまり食べてほしくはない。ので、ひとかけだけね!といって母は食べた。母は「美味しい〜〜!」といっていたので、甘いものが食べたいのかと思い、昨日は小豆カボチャを作った。小豆を昆布でこしあんになる程煮て、塩とカボチャを入れてほんのり甘くなったものだ。カボチャが甘くなかったのでイマイチだな、と思ったが冷めるとすこーーし甘みが出て、母は美味しいー!と、とても気に入ってくれた。断糖していたので十分甘く感じるみたいだ。時間はかかったが喜んでくれたので作ったかいがあった。

昨日は37.8度の微熱があったが何とかM先生の所にいった。肝臓がカチカチだったらしく、すごーく楽になったと顔色がよくなって帰宅した。

今日から利尿剤を一つ減らしたので脱力感、倦怠感がへるといーな。