読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

母の癌を治す

今癌で不安な人達やご家族に、何か伝えられる事があるかもしれないと思い、書きはじめました。

樹状細胞ワクチン療法

母の告知の直後にいとこから"三大療法がダメなら樹状細胞ワクチン療法はどうか?"と提案があった。

「癌細胞とは自分の細胞が異常を起こし出来たものなので、自分の免疫細胞を外に出して強化して戻しても、体外では成功しても果たして体内で癌を攻撃してくれるのか?結局は癌も自分の細胞なのだからあまり効果はない。高額医療なのでやめた方がよい」というのがM先生の診断で、他もゴタゴタしていたのでとりあえずは保留していたのだが、今になって母がやりたいというので今一度調べてみた。すると、高額医療だが厚生労働省認定の病院がいくつかあった。つまり保険が適用される。先進医療は1000万まで使える保険に入っているので、お金がないから受けたくても受けれない、という最悪の状況はさけられた。意味ないかもしれないがM先生の施術に影響がないなら受けても良いなと思った。ブログ等で実際受けた方の記事を読んだりしてわかったのだが、自費25万位で事前に白血球の型でワクチンが効くかわかるらしい。そしてワクチンが効かない人は癌の症状が悪化する事もあるらしい。白血球の型が合わなかったらやめる、合うならやってみよう!という事で、とりあえず病院に電話をしてみた。予約をとるにもワクチンを作るのにもとても時間がかかるらしい。散々調べてやってみようとなり、病院にかけあわせたら、"三月に厚生労働省の認定がきれてしまい申請待ち"とか、"今新規の患者さんはとっていない"、とか、"70歳以下の人しか受けれない"と断られてしまった。なるほど、治験の段階だからあまり年いってると受けれないのか。保険外だと都内でたくさんやるところがあるので母にやりたいならやろう、と声をかけたが母は「これは運命なのかもしれない。受けなくて良いといってるのかも。」といい、樹状細胞ワクチン療法はなしになった。自費だとワンクール170〜230万かかるので高額だが姉と私で出そうと思っていたので少し拍子抜けだった。因みにK病院のN先生(主治医)も、"受けても良いがあまり期待はしない方がよい。でも何もしないよりは良いかもしれません。"といっていた。N先生には気功のM先生の事は話してないので、先生は母が食事療法や生活改善しかしていないと思っているようだ。

そして10月4日、一ヶ月検診にいってきた。

f:id:emi_koko511:20161021181624p:image腫瘍マーカ以外は正常値に入った・・!!しかし腫瘍マーカは倍になり、初めて1000を超えた。腫瘍マーカは絶対上がる、と言われていたので、遂に上がったか!という感じだったが、これからどこまであがるんだろう・・という不安がでてきた。腫瘍マーカは上がっても他の数値が異常なしなら転移はしていないのだろうか??M先生に尋ねてみたら、「まだ2〜3ヶ月は上がると思うが、そこまで数値が伸びる事はないと思います。その後は下がってくるから大丈夫。」と教えて下さり少しほっとした。

結局母はM先生と食事療法と生活改善でここまでやってきている。今の元気なまま治りますように!!