読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

母の癌を治す

今癌で不安な人達やご家族に、何か伝えられる事があるかもしれないと思い、書きはじめました。

陽子線治療

アブラキサンをやった患者さんのブログが何件かヒットした。やはりどちら様も思わしくない状況のものであった。膵臓癌は難しいと改めて思った。勿論先生のいう様に今も生存されている方もいるし、たまたまブログを書いている方の病状がよくないのかもしれないので、アブラキサンがダメとは一概には言えないが・・。リスクをあまりに話されなかったので正直怪しんでいた所はある。

気功のM先生もO先生も抗ガン剤だけは絶対ダメといっていて、何故ダメかも詳しく話して下さっていて、調べまくった本の影響もあり、私はどーしても抗ガン剤には賛成出来ない気持ちだった。"抗ガン剤をやったら母は助からない"と思っていた。

旦那さんにも逐一報告していたわけで、旦那さんも私と同じ見解だ。私はそれでも手術出来るかもという思いや、黄疸が出たらどうしよう、とか、正直すごいプレッシャーを感じていたが、旦那さんは「悩まなくていい、抗ガン剤は反対だし、M先生を信じると決めたんだから、よそ見しないで進むんだ」と、強くいっていた。西洋医学では打つ手なしと言われていたので代替療法に目を向けていたが、もしかしたら他にも手はあるのかと、もう一度調べ直してみようと思った。

すると粒子線、陽子線治療というのがヒットした。高熱で癌を焼いてしまうというやつだ。治療時間も何分かだし、入院しなくて良いし、何より副作用が少ないという。高額医療なので機械を持っている病院は少ないが、割と近場に陽子線を持っている癌センターがあった。H癌センターだ。M先生は陽子線も反対すると思うが、抗ガン剤よりは良いだろうと思い、母と姉に話してみようと思った。因みに母は高額医療にも対応する保険に入っているのでお金の問題はなかった。お金がかかるからと出来る治療の選択肢が減るのは絶対嫌だったので、これは本当に助かった。