読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

母の癌を治す

今癌で不安な人達やご家族に、何か伝えられる事があるかもしれないと思い、書きはじめました。

胆汁20mlが調子がよい。

昨日も朝はなんだか食べる気がしないといっていて、玄米もちなら食べれそうというので餅を焼いた。母は餅を美味しいといって食べていたが、暫くしたらなんとなくモヤモヤしてきたみたいだ。でもC先生に出来るだけ外に出てと言われていたので買い物にいき、外の空気を吸ったり空をみたりしていたらモヤモヤはどこかへいき、スッキリしたらしい。外に出て気分転換をするというのはやはり大事なんだな。帰宅した母はテキパキと動いていて、元気になっていた。夜はくたくたに煮込んだ玄米うどんを食べた。今度は暫くしてもモヤモヤしなかった。

1月16日、朝みたら胆汁が20ml程出ていて、とても調子が良さそうだ。やはり20mlでると良いみたいだ。因みに昨日は5mlも出ていなかった。月曜はC先生の訪問日で、生食水を入れてみたけど通りがよいみたいで、木曜の病院でエコーはなしになった。

週末は母の姉妹達と浅草で漫談をみるのを楽しみにしているので、元気にならないとね!

1月12日 定期検診

母は三が日を終えてもとても元気だった。M先生が海外にいっている間にいつも何かあるので心配していたが、今回は大丈夫かな?と思っていた。母はアガリクスが効いているかもと希望を持ち、大丈夫な気がすると、気付けば人参ジュースを飲まなくなっていて、野菜はスーパーの野菜に、魚も少しだけ、と、気が緩んでいた。アガリクスのお店の方もM先生もN先生も食べれるものはどんどん食べてというし、私もお正月位はと油断していた。食事療法をやって血液検査の数値がよくなったのは確かなのに。「最近人参ジュース飲んでないね」といったら、「飽きちゃったのか飲みたくなくて」と言われた。飲みたくないというのは体が受付けないという事なので、なら、ムリして飲まなくてもいいのかな?と、わからなくなった。そして1月9日に異変がおこった。最近ずーっと調子がよかったが、この日はとても疲れたといって横になっていた。なんだか食欲もないと少しだけ食べてお箸をおいてしまった。あら?と思ったが、この日は幸い訪問医のC先生がくる日だった。1週間前あたりからお腹の皺がのび、膨らんでいる気がして、腹水がたまりはじめたのか?というのも気がかりだ。先生は確かにちょっとあるかもしれないけど、ステントもよく通ってるし大丈夫じゃないか言った。腹水についても詳しく教えてくれた。まぁ10日は待ちに待ったM先生の気功の日なので様子見しようと思った。そして翌日、母はなんだかすい臓や胃あたりが重いといっていた。M先生に聞いたら腹水ないですよ、と言われたらしい。私が帰宅した時はもの凄く疲れたといいやはり食欲はなく少し食べた程度だった。そして12日、いよいよ1ヶ月検診の日だ。しかしお正月とはうってかわってかなりコンディションは悪いのでどうなんだろうと思っていた。血液検査はこちらf:id:emi_koko511:20170113221726j:image

なんと腫瘍マーカーが五万越・・・・!!!!!びっくりして心臓が痛い・・。アガリクスは効かなかったのだろうか・・。とても悲しい結果だが凹んでばかりはいられない。腫瘍マーカー以外は黄疸の反応もないし、腹水の基準となるアルブミンの数値も悪くない。腹水の可能性は低いと言われたらしいがお腹の膨らみも気になるので来週の木曜にエコーをとる事になった。その夜母はテレビをみて笑っていたがかなりショックだったと思う。そして又人参ジュースや有機野菜等気にするといっていた。この日も気持ち悪そうなので食事はなし。脱水症状にならないように飲める限りポカリスエットをとってもらった。甘いものは避けたいが仕方なし。そして本日もやはり吐き気があるらしく、訪問看護師さんがくる日だったので生食水で抜いてもらってと言った。看護師さんは以前と違いうまくぬけず、C先生にきてもらった。C先生はエコーをみれる機械を持参し、エコーをみながら生食水をいれ詰まりをとってくれた。どうやらチューブの先が詰まっていたようで、ぬいたら45mlも胆汁がでた。エコーで色々調べてくれた。少し腹水もあるが、気にする程ではないらしい。そしてそしてすい臓癌はあまり大きさは変わっていないらしい・・!腫瘍マーカーがかなり上がったのでどうなってるかと思ったのでこれは嬉しかった。でも角度によってかわるから病院にあるちゃんとした機械じゃないと正確にはわからないと言われた。そしてショックな事もあった。何と肝臓にも小さい癌が点々とあるらしい・・。M先生は転移しないと言っていたがどうなんだろうか。しんだ癌が剥がれて肝臓にいるだけという事はないだろうか。母は吐き気どめを飲んだけど気持ち悪いといって寝ていたらしいが、私が帰宅する頃には吐き気はおさまっていた。が、食事は明日も落ちついていたらにして今日はポカリスエットと人参ジュースだけにした。アガリクスを継続するかも考えなければならない。母が飲んで少しでも元気がでる様なら私はもう少し続けてもいーのかと思う。アガリクスにかけていただけにこの結果はショックだが、やめると希望みたいな物がへってしまう気もして母もどーしたらいいかわからないのだと思う。私もわからない。

まぁとにかく腹水がなく、詰まりもとれ、気持ち悪いのがおさまっているので、明日ご飯が食べれる様になったらいいな。

 

年末

12月30日。6月に告知されてから7ヶ月がたつ。7月にN先生から余命半年もたないだろうと言われたが、年は越せそうだ。24日から乳酸菌の量を1回100mlに増やしたのだが、最近の母はすこぶる調子が良い。飲みはじめた次の日下痢になったらしいが、次の日にはとまっている。顔色もとても良いし、本人が「チューブつけてるの忘れる位なんともない!」と言っている。体温は大体37度いかない位で、体重も少しだけど増えた。このまま元気に治ってほしいと祈る。

この何日かで他に変わった事といえば在宅医療が始まった。27日に私と旦那さんと父の三人で家族面談にいき、母の容態や私達がどう過ごして行きたいか等話した。29日にC先生に来て頂き診療が始まった。C先生はとても話しやすく笑顔の多い先生で、診療もしっかりしている。でも笑顔で母がドキリとする質問もしていた。C先生ともうまく付き合っていきたいと思う。

気がかりなのは明日から新気功のM先生が海外旅行で10日程お休みという事だ。この半年強でM先生が海外に行くときが二回あったが、母はその間にトラブルがある事が多く二回共入院している。母は「今回はアガリクス飲んでるから大丈夫!!」といっていた。確かに最近の母はすこぶる良いので大丈夫な気はするが、やはり少し心配である。

明日は姉家族も合流するので賑やかな年越しになりそうだ。2017年、良い年になりますように!

腫瘍マーカーが倍に。

順調に回復し、12月10日母は退院した。前回は貧血がおさまらなくて、退院後も疲労が続きぐったりしていたが、今回はとても元気だ。ご飯もあまり食べてないのに元気なのはやはりアガリクスの効果なのだろうか。勿論退院してからはモリモリ食べているが。

今回の退院でよかったのは、もし詰まってしまった時の対策をもらった事だ。訪問看護士さんにお願いして注射器で生食水をいれて流してもらうというやり方だ。癌が完治したという人とブログを通して相談させて頂いてるのだが、この方もこのやり方をやっていたとのこと。胆汁が茶色くなったら一回これを試し、よくならなかったら病院へいく、という事になった。

16日、月に一度の定期検査があった。血液が再検査になり又そのまま入院だったらと心配したが、どうやら腫瘍マーカーがかなり上がってしまったかららしい。


f:id:emi_koko511:20161217181035j:image

なんと倍になってしまった・・。胆管のつまり以外はまだ痛み等何の症状も出ていないが、この数字にはかなりショックをうけた。心配だ・・。でもそれ以外はとても良い数字だと思う。もし癌が大きくなっていったら腫瘍マーカー以外の数字にも現れるだろうか。M先生のいう様に癌が剥がれて血液をめぐっているだけなのだろうか。

とりあえず1月の検査がドキドキである。アガリクスの効果が出ればいんだけど。

 

食事解禁。

前回と違いチューブをつけていたせいか、今回の退院は早そうだ!今日から食事解禁で、炎症等なければ土曜に退院かもと。今回は手術して二日後には食事をとれると言われたが結局今日まで食べれなかったのは、胆管の炎症値がなかなか下がらなかったからで、軽度の胆管炎になっていたらしい。実はこの炎症を軽くみてはいけない。重度の胆管炎になると細菌が身体中にまわり、敗血症という直接死に至る病気に発展する事がある。そうならない様にどう対処すればいいのか、そこが肝心なのだが、なかなかこれといったものはないみたいだ。少しでもチューブが茶色くなったらすぐお医者さんにみてもらい、抗生物質の点滴をする。今のところこれしか言われていない。でも胆管や肝臓の炎症ならこれでおさまるだろうが、もしカス等がつまった場合はやはり手術しかないのだろうか・・。

主治医のN先生に、そろそろ緩和ケア病棟のあるところか訪問医を決めた方が良いのでは?と再度提案された。母は勿論私達家族もまだ母が召されるとは思ってないので準備はしていないが、血液検査や点滴もできるので、訪問医を決めるのはよいかもしれない。ただ介護保険ではなく健康保険で支払われるので、ざっくりいくらかによるが・・。明日相談室で色々聞いてこよう。

今日の母は元気で血液検査も安定していた。
f:id:emi_koko511:20161209002153j:image
食事は里芋をつぶしたものと、私が作った玄米クリームを甘くておいしいと言いながら食べていた。今夜と明日、腹痛等おきなければ良いな。

再入院

アガリクスで調子がよくなったと思いきや、その晩食べすぎたせいか、何かバイ菌が入ったせいか、何日か前に詰まったせいか、朝方いきなり嘔吐し、チューブも赤黒くなった。その日両親は長野の親族と旅行にいく予定だったが、とりあえず様子見という事で朝私は会社にいった。前回みたいに六時間位で色がもどるかもしれないし、それから出掛けても遅くないと。親族には先にお昼食べててといったらしい。昼休みにどうなったか電話したら「もー電車にのった!」と返事がきた。そっか、色が戻ったのかと思いきや、色は黒いままらしい。以前から楽しみにしていたというのもあるし、貸し切り風呂のあるホテルに変更してくれたり、皆が母の為に遠出してきてくれているので、どうしても行きたかったようだ。ホテルについた母は疲れてしまったらしく、すぐ横になった。夜一回調子がよくなったとラインがきたが夜中に又お腹が痛くなり、汗だくになったらしい。朝部屋についている露天風呂に入った様だ。そんな状態でお風呂は危険だったのでは!?と思ったが、せっかくの温泉だ、気持ち良かったらしいし、一回でも温泉に入れて良かった。二泊の予定だったが、次の日車で送ってもらう事になった。自宅についたのは15時半で、すぐに病院に向かった。水分不足で血液がドロドロで採血が大変だった。母はやはりステントが詰まっている様で、金属のステントの中に更にプラスチックのステントをいれる手術をした。主治医が不在なので確かではないが、どうやら癌が大きくなり金属の網目から入ってきていて詰まったらしい。手術は今までで1番長い1時間20分かかった。今朝先生に話をききに旦那さんと父と三人で病院に向かった。先生の話だと血液検査の数値がよくなったので、明日あたりから食事をとれるかもと。母は昨日とはうってかわって顔色もよく元気になっていて、既に起き上がって歩いていた。痛みも吐き気も熱もなく、すごく楽と。麻酔をしたまま明け方5時まで爆睡したらしい。前回程入院も長引かないと思う。早く退院出来るといいな。

アガリクスと乳酸菌酵素抽出エキス

昨夜商品が届き早速はじめました!

母は膵臓癌晩期だけど幸いな事にどこも痛くないので、アガリクスの効果がわかりにくいかもしれないと思っていた。唯一わかるのは数字がどう動くか。しかし、今日帰宅すると母が「今日全然疲れなかった!!M先生の所に行く時は電車の待ち時間もすぐ座るんだけと、今日は座りたいと思わなかったし、ずっと立ってられたの。アガリクスの効果かな!?」と話してきた。こんなに即効性があるものなんだろうか!しかしほかに理由が思いあたらない。入退院していて筋力がおちたせいか、癌のせいか、もとは早足だった母が最近はめっきりゆっくりになっていたのだが、今日は歩いてる時人を追い抜いたと!帰宅後はいつも二時間はベッドで休むのだが、今日はそのまま台所にたったり色々動く事が出来たらしい。

もしかしたらすごい効果を発揮するかもしれない予感。値段は1番高いが効果も高いものをガッツリはじめて良かったかも!?

頼みます、アガリクス