読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

母の癌を治す

今癌で不安な人達やご家族に、何か伝えられる事があるかもしれないと思い、書きはじめました。

訃報

突然の出来事でした。2月26日22時48分、最愛の母が他界しました。

母の死を受け入れられません・・。夕方に私が「卵焼き作ろうか?」と聞いたら、「昨日久しぶりに卵かけご飯食べたら美味しくて、又後で卵かけご飯食べる。」と言っていました。お腹が大きくて苦しそうでしたが、私が冗談を言ったら笑っていました。24日に腹水を抜いて濾過する病院にいき、28日に入院して腹水を抜く予定でした。診察の時先生はまだ3L位だし大した事ないといっていて、20Lたまってる人の写真をみて、母も「まだまだ序ノ口なんだ、何だか元気出てきた」といっていました。腹水がおしてチューブの糸があと一本しかついていなくて、そこから膿が出て痛いといっていました。膿をとったら痛みはとれたと言っていましたが、さすがに疲れた様子で、でも土曜は気功へ行きました。帰宅した母は「2日連続で動いたから疲れた」と衰弱した様子で、「C先生呼ぼうか?糸縫ってもらった方がいいんじゃない?」といったのですが、火曜までの辛抱と思ったのか、母は「呼ばなくていい」と言いました。こんな事にはなると思っておらず私は日曜友達の和太鼓の発表会に行ってしまいました。仕事があるからと終わったらすぐ帰宅しましたが、もっと母と一緒にいればよかったととても後悔しました。夜階段を降りるのがしんどそうだったので、手を引き階段をおりました。「二階のトイレ使えば?」といったら「ウォシュレットがないから。」と母がいい、「火曜まで一階のお父さんの部屋で過ごした方がいいんじゃない?」といったら電動ベッドがないからか「二階がいい。」といっていました。手をひき一階のトイレへ行きました。思えばこの時トイレで既に倒れていたのかもしれません。すぐトイレをあけていたら違う結果だったのかな。お腹大きいしチューブもつけているのでトイレがゆっくりなのはわかるけど、長いなと思ってうろうろしていました。その内お湯がわき、湯タンポにお湯をいれ、トイレの前で「二階に湯タンポもってっとくね」と声をかけたら母は「ありがとう。」と言いました。この時はどうだったのだろう。倒れていたのだろうか、まだ大丈夫だったのだろうか・・。湯タンポをおき戻ってもまだトイレから出てこず、二階に上がる時手をひこうと待機していたのですが仕事に一回戻ろうと「お父さーん」と父を呼び「お母さんが出てきたら手をひいて二階に連れてってね。」といいました。二階に行こうとしたその時母の私を呼ぶ小さな声が聞こえました。「助けて」と。急いでドアをあけると下血した母が倒れていました。痛い、苦しいといっていました。すぐ訪問医の先生に電話しましたが出ず、看護師さんを呼びましたが待っている場合じゃないと、救急車を呼びました。救急車にのった母はお腹や腰が痛いといっていたのですが、私は母の腰をさする事しか出来ませんでした。救急車は思ったより大きくゆれました。恐らく15分程で病院についたと思いますが、物凄く長い時間に感じました。病院についてから間もなくは母は他界しました。トイレでどこかうって金属のステントが刺さったのか、膵臓癌が破裂したのか、今ではわかりません。今年のエコーでは膵臓癌の大きさはほぼかわってないと言われたけど、腹水が出たり悪化していたとは思うし。

私は悲しくて、辛くて、母がかわいそうで、助けてといっていたのに助けてあげられなくてごめんねと、母はずっと私を信じ頑張ってくれたのにごめんねと、あの時こうしていれば、こんな事になるならもっともっと美味しい物をたくさん食べさせてあげたかった、と、ありがとうよりごめんねと思う気持ちが重くて、毎日毎日後悔しています。今年にはいって仕事をたくさん入れてしまった私を母は心配してくれていました。母に孫を見せてあげたかったけど、中々授かりませんでした。姉が孫を産んでくれて本当に良かった。最愛の母がいない世界はとても色褪せてみえて、虚無感でいっぱいです。どこにいても母を思いだすのにどこにもいません。母にもう一度会いたいな。まだ受け入れるのに当分時間がかかりそうですが、泣いてばかりいては母も悲しくなってしまうので、前に進まなければと思っています。

母が亡くなってから、実は母は散歩帰りにカフェでモーニングを食べていた、とか、私には言わないでねといって姉とサンドイッチを食べたり、私のいない時間を狙って田舎の人に甘いものを送ってもらったりと、ちょいちょい食べていたらしいです。今になると、美味しい物を食べていて良かったと思います。腹水が出てからは果物やお寿司も食べたいたし、亡くなった日はカップ麺を食べたみたいです。今頃「ばれちゃった!」って笑ってくれているでしょうか。

私は何が正しい選択で何が間違っていたかわかりませんが、このブログを見てくれている方の大切な人がもし癌だったら、希望を捨てないで頑張ってほしいです。最後までお付き合い頂き有り難うございました。

 

最愛の母へ

私を産んで育ててくれて有り難う。かわいくて面白くておっちょこちょいで、太陽のような笑顔の母が大好きです。私も母の様な母になるので見守っていて下さいね。

 

 

今が踏ん張り時!

土曜に気功へ行き尿が出たといっていたのも束の間、日曜、月曜で臨月の妊婦さんの様に腹水がたまってしまった。急に大きくなった様に思い又びっくりしてしまった。これはもしや抜いてしまう流れなのか・・。漢方のYさんも尿がでなくなったらすぐ利尿剤を飲むこと、といっていたが、一番強い利尿剤を飲むと倦怠感や脱力感が酷く、だったら今の方が良い、と母はいった。軽い利尿剤は飲んでいるがあまり効果はないようだ。お腹がはって苦しいが、何とかまだ散歩にもいけるし、痛み等はない。火曜は気功の日だから何とかそこまで頑張るようだ。横になってもたっても苦しいので、ベッドによりかかって過ごしていた。そして火曜、気功から帰宅した母は臨月から6カ月位になっていた。チョロチョロしか出なかった尿が勢いよくでたらしい。カリウムの多いバナナを毎日食べているせいか、気功のせいか、漢方のせいかわからないが、便も二回出たそうだ。漢方がきくまではM先生の施術を週三回いってもらう事にした。母は遠出は疲れるし渋っていたが、動けるうちにいかないと動けなくなってしまうよ、といい、説得した。腹水が出たり、腰が痛む様になりようやくM先生のすごさがわかったらしい。行くと楽になるので、どんなにぐったりしていてもM先生の所へは休まず通っている。因みに漢方は、二週間分で五万ちょいかかった。M先生にもかなりお金がかかっているが、今が踏ん張り時だと頑張ってほしい。

3月22日、お腹は大きいが、張りかたが全然違うらしく、楽になったといっていた。腹水で三キロも増えた体重も一キロ減った。漢方がきくのに早い人でも1週間と言われていたが、気功との相乗効果でもしかしたら効いてきたのかもしれない。母はこれ以上お腹大きくならない気がすると、明るくいっていた。漢方は匂いもすごいしめちゃ不味いらしいがなんとか飲み続けてほしい。

漢方と腹水

利尿剤を飲むとお腹はぺたんこになるが、倦怠感や食欲不振になって寝込んでしまう。お腹が凹んだので一番強い利尿剤をやめ、他の利尿剤も減らす。すると又お腹が少し膨らんできた。利尿剤は使い続けると効果はなくなってくるし、腎臓の機能を低下させてしまうので、ずっと使う薬ではない。もっと根本の、腹水を溜めない体にしなければならない。

そこで注目したのが漢方だ。でも漢方といってもたくさんヒットするのでどこの漢方を信じればいーのかわからない・・。そこで先週末に気になる2店舗にメールで母の事を細かく書いて送った。漢方は長く続けないと効果がでにくいイメージがあるので、今後続けていく上でも大体いくらかかるのかも重要だ。1人1人にあわせて処方するのでいくらかかるかHPにはのっていない。初めに連絡した方はメールで丁寧に返事をくれた。もう1つの方は電話がきた。母の症状をみて急いで連絡をくれたのだ。漢方カウンセラーのYさんは、今何をすべきかや考え方等、本当に細かくわかりやすく教えてくれた。癌患者さんに多数処方しているので、私が今どんな事をしているかもすぐ理解してくれた。まずYさんは、「腹水のある癌患者さん」と「腹水のない癌患者さん」は全く別物と考えた方がよいといった。癌の為の玄米菜食や人参ジュースは勿論よい、ただ、腹水があったら話は別だ。腹水が治ったら又玄米菜食でもよいが、まずは腹水を治すのが先決だ。何故なら腹水で亡くなる患者さんはとても多いとのこと。癌はいったんおいといて、腹水を治す為にアルブミンを増やさなければならない。それにはたんぱく質が必要だ。幸い最近はお魚を食べるのを目をつむっていた。食事をあまりとらないが魚なら食べたいとゆーので、まずは食べてもらわなければ免疫が上がらないと思ったからだ。私はこの日から母に卵も食べてもらう事にした。この8ヶ月口にしていなかった動物性のものを食べてもらうのは少し勇気が必要だが、頭を切り離せ、今は何より腹水を治すのだ!と言い聞かせた。卵を使っていーとなると料理の幅が広がるのは嬉しい。Yさんは、よく勘違いされるのが、腹水患者さんは水分をあまりとらない、という事。腹水は飲んだ水分がそのまま腹水になるわけではないし、飲まないと循環しないし、脱水症状になってしまうので、1日に1Lは水分をとらないといけない。これは既に実行していた。脱水症状になった事があったので、水分については調べていた。因みに利尿剤は3ヶ月程使うと腎臓が破壊されるらしいが、悪い薬というわけではなく、もし、利尿剤をやめて尿が急に出なくなったなら飲まなければダメだ。母がまだよかったと言われたのは、"抗がん剤をやっていない"点と、"利尿剤を使い初めたばかり"という点だ。抗がん剤をやって手の施し用がなく腹水がたまりこちらに連絡がくる事がよくあるらしい。抗がん剤をやっていると内臓がボロボロになっているので漢方が効きにくいといっていた。

今日は1ヶ月の定期検診の日で、その血液検査を送ったらすぐに電話をくれ、今日処方してくれた。土曜に家につくらしい。15日で約五万。二週間やって効果が出なかったら違う漢方を又二週間やる、という流れだ。でも四割の人は二週間で効いてくるというので、期待大だ。アガリクスと乳酸菌は残念ながら母には効かなかったのでやめる事にした。相談にのってくれた方はとても良い人だったし、やってみなければわからないので後悔はしていない。血液検査は予想通り悪くなっていた。f:id:emi_koko511:20170216184513j:image腫瘍マーカーは28万!うなぎのぼりだ!しかしYさんは、腹水出てるし炎症もおこしてるし上がるのは当然といっていた。腹水が治ったらもどるので気にするなと。カリウムの多い果物や生野菜をとるようにとN先生にいわれ、Yさんも同じ事をいったので、カリウムの多いバナナとドライレーズンで油、砂糖なしのケーキを早速今から焼いてみようと思う。玄米菜食に飽きていた母にとっては卵やフルーツをとれるなんて、腹水になってちょこーーっとだけ嬉しい出来事なのかもしれない。

利尿剤の副作用

利尿剤を飲んでから腹水は治まったが、段々と食欲がなくなり、倦怠感、脱力感があり、熱が上がったり下がったりし、気持ち悪さや痛みはないものの、衰弱している様に見えた。体重も勿論落ちてしまったし、食べないと力もでないし、気力まで落ちている様だ。痛み等がないなら食べる努力位してほしいが、C先生が食べたくなかったら食べなくてもよい、と言っていたので、食べたくない、と言ってお味噌汁を少し飲むだけの日もあった。これはいかん!と思い、私は蕎麦をうったり、卵、肉、砂糖、小麦粉を使っていないベジタリアンの為のお店に連れていったりした。母は食欲はないが、食べると美味しいみたいだ。因みに蕎麦は十割蕎麦で、材料は蕎麦粉と木綿豆腐のみ。切れやすく細くするのは難しいが蕎麦の味が濃くて中々美味しい。ベジタリアンのお店は変わった物がたくさんあって、目にも楽しく、珍しい物がたくさんあるので母も色々食べていた。ただ、菜種油を使っている料理もあって、先生にも油はとめられているので本当は食べてほしくないのだが、母が食べたい!といっているので、じゃあ・・一口だけね・・!!と、言ってしまった。食事が出来なくなるのが一番怖いので、食べないよりは良い、という判断だ。その店にはチョコもどきもあって、そこまで甘くはないがサトウキビの原料糖を使っているので、やはりあまり食べてほしくはない。ので、ひとかけだけね!といって母は食べた。母は「美味しい〜〜!」といっていたので、甘いものが食べたいのかと思い、昨日は小豆カボチャを作った。小豆を昆布でこしあんになる程煮て、塩とカボチャを入れてほんのり甘くなったものだ。カボチャが甘くなかったのでイマイチだな、と思ったが冷めるとすこーーし甘みが出て、母は美味しいー!と、とても気に入ってくれた。断糖していたので十分甘く感じるみたいだ。時間はかかったが喜んでくれたので作ったかいがあった。

昨日は37.8度の微熱があったが何とかM先生の所にいった。肝臓がカチカチだったらしく、すごーく楽になったと顔色がよくなって帰宅した。

今日から利尿剤を一つ減らしたので脱力感、倦怠感がへるといーな。

遂に腹水

1月26日、母にパジャマを買ってきたのだがウエストがきついから直してほしいといわれ、直し、再度はいてもらった。そこでハッとした。母のお腹は妊婦さんの様に膨れている。横になった状態はみていたのだが、立ったときをみていなかった。母や父は見慣れていたせいか、おかしいと思わなかったのだろうか。しかし昨日まではお腹がつかめて今日掴めないという事は一気に膨らんだのだろうか。今日はあまり食事をしたくないといっていたが、こんなにパンパンじゃお腹に入らないのは当たり前だ。とにかくこれは先生を呼ぼうと言った。母はお腹が張って少し苦しいけど、横になれば楽になるし痛いわけではないからいいといったが、痛くなってからでは遅いのだ!明らかにおかしい。腹水なのではないかという不安が全身に広がった。訪問看護さんに電話し、ガスの可能性もあるから浣腸をしてといわれ、やったが状況はかわらなかった。C先生も電話をくれた。前回の腹水疑惑の時に酷くなったら飲む様にとおいていった薬があるからそれを飲んで様子をみて下さい。もし苦しかったらいつでも呼んで下さいと。母は薬の存在を忘れていた様だった。飲んだら少し落ちついて楽になったといったのでそのまま寝る事にした。次の日C先生がエコーでみてくれたのだが、どうやらあちこちに腹水がたまっているとの事で、利尿剤を出してくれた。利尿剤が効いて、夕方にはお腹を掴める様になったと元気になっていた。C先生にベッドを電動の起き上がりしやすいものをリースした方が良いとすすめられた。ケアマネージャーさんに相談してみようと思う。利尿剤がきいてよかったが、根本を治さないと繰り返しになってしまう。腹水を抜くのは極力避けたい。腹水には必要な栄養素が含まれているので、一回抜いた後それを点滴で戻す方法があるのだが、C先生はやってくれるだろうか。

私がしっかりしなければと思うのに、母のお腹を見た時戸惑いを隠せない程ショックだった。今度は腹水に暫く悩まされそうだ。

腸と腎臓

1月24日、昨日、一昨日と食欲がなかった母は、今朝も人参ジュースだけのみ気功のM先生のところへ行った。昨日の訪問医のC先生はつまりはないといっていたし、食欲不振の問題点はどこだろうか。癌細胞が大きくなると食欲がおちると聞いた事があるがそれなんだろうか。M先生はまず腸がかちこちになってるといった。母は確かに最近便の出が悪いらしく、お腹が固くなっていた。塊があるのでお腹も膨れるし、良い便もでないし、食欲もなくなると。あと腎臓も悪いらしい。私も今日知ったのだが、C先生がエコーをとった時に尿意はありませんか?と言われたらしい。特にありません、といったらアレ?という感じだったらしい。膀胱に尿がたまっていた様だ。そんなわけで、M先生に腸と腎臓と腰痛をメインに施術してもらった。腰痛はなくなり、下腹部が柔らかくなっていると母から報告があった。帰宅後に買い物にいったのだが、顔も疲れて眠そうだし、食べてないのでヨロヨロしていた。母に何か食べてもらおうと私は大豆粉と野菜の蒸しパンを作っていた。母は美味しいといいながら野菜珈琲と一緒に残さず食べてくれた。割りと大きかったので全部食べてくれるとはびっくりだ。はー、良かった。アガリクスも飲み、暫くすると嘘の様に足取りが軽くなっていた。今からお出掛けも出来るよ!とすごく元気になっていた。食欲はなくても体はエネルギー不足を訴えていたのだな。便を細かくしてくれたから腸に隙間ができ、食べれる様になったのだと思う。母はこの三時間後の夕食にお蕎麦も一人前食べた。お腹がすいてきたらしい。食欲がでてほっとした。明日は便がゴッソリ出るかもしれないな。

浅草

相変わらず調子良かったり悪かったり安定はしないが、20日の金曜日から母の姉妹達との旅行があるからかこの日はとても元気だった。浅草で漫談を楽しみ浅草ビューホテルでビュッフェを食べ、浅草寺をみながらのおしゃべりは母にパワーを与えた。母はホテルに入った瞬間から何だかものすごく調子がよくなったらしい。浅草寺や浅草の力が集まっているのかな。朝も朝食前に父と散歩にいったが全く疲れなかったそうだ。土曜も母が疲れてない様子だったのでドライブし、海ほたるや九十九里で足湯につかったりと元気をもらって帰ってきた。すっごく楽しかったらしい。浅草なら家に近いのでもし何かあった時にすぐ駆けつけられるし、月に一回位泊まりにいくのもいーのかなぁと思った。

そして今日、又腰が痛くなってしまったらしくぐったりした様子だった。食欲もなくもしかしたら又詰まったか?と思ったが、訪問医のC先生が診てくれ、特に問題なかったらしい。食事がとれないというのはとても心配だ。明日はM先生の気功なので腰がよくなるといいな。